中学1年生 ITキッズ新聞 04 K.S.IT KIDS NEWSPAPER

HOME ITキッズ新聞中学4期生 ITキッズ新聞 中学1年生 ITキッズ新聞 04 K.S.

全体を通しての感想

04 K.S.
04 K.S.
コロナウイルスの影響で、中止になってしまった講座があったのが残念でした。
講座全体のレベルが今までに比べてものすごく高くなったなと感じました。
人数は減ったけれど、周りの人たちと話すことが増えたので良かったです。
自分の思いつかないような考えが良く出るので、とても面白かったです。
講座では、ただ新しいことをやるのではなくて、
今までの知識や経験を生かして取り組む機会が多かったです。

これまでの講座で一番印象に残ったこと


VSコード
昨年まではEV3ソフトウェアを使っていたEV3のプログラミング。今年は、VSコードを使って行いました。今までとは比べものにならないくらい難しかったけれど、思った通りにロボットが動いたときには、大きな喜びを感じました。コンパイルの方法など、重要なことをたくさん学んだので、これからのITキッズ講座でも生かしていきたいです。直進と旋回について学んだので、それを組み合わせて複雑な動きをするプログラムも作ってみたいです。

7セグLED
今年のコンピューターでは、様々なことに取り組みました。例えば、ラズベリーパイを使って、マイクラ世界に建築物を造ることを目的にプログラミングしたり、7セグLEDで二進数、十進数、十六進数を表示するために各セグメントを表示するためのプログラムを考えたりしました。最初は何が書いてあるか全くわからなかったプログラムも自分で動かすことによって理解が深まりました。セグメントの動きを考える授業では、失敗ばかりでなかなかうまくいかなかったけれど最後の方にはコツが掴めてきて面白くなりました。Pythonのプログラムは難しかったので、来年は上手に使いこなせるようになりたいなと思いました。

サイコロ修行
確立を求める授業でひたすらサイコロを振り続けました。300回ほど振って疲れたところで、コンピューターで何万回も振りました。面白かったです。また、グループで協力して実験を行うことも多かったです。実験では、結果のみではなくレポートの評価もあったので、自分の考えをわかりやすく伝えるために努力しました。話の中で矛盾が生まれないように自分の論理を磨くことができました。個人で考える授業では、円周率をモンテカルロ法や三平方の定理を使って求めたのが面白かったです。

英語で学んだ5G
IT英語では、コンピュータに関する情報を英語で学びました。日本語でも難しい内容を、英語で学んだので大変でした。しかし、その分、より深く意味を考えることができたので、良かったです。その中でも特に、5Gの授業が心に残っています。英語を読むだけでなく、自分たちで情報を集めることで、とても楽しく学ぶことができました。普段よく考えたことがないことを学ぶことができ、面白かったです。他にも、WROのルール解読や、英語の質問などで、英語により親しむことができました。

来年度からのITキッズプロジェクトでチャレンジしたいこと

楽しむ
今年度の講座では、楽しみながら授業を受けることができました。楽しむことが最も大切だと思うので、来年度も楽しみながら授業を受けたいと思います。今年も難しい講座でしたが来年はもっと難しくなるのではないかなと思います。もし分からない所があっても、しっかり復習をして次の講座では理解できるようにしたいと思います。
小学生コース

10期生:2021年8月からの受講生9期生:2020年7月からの受講生8期生:2019年9月からの受講生

中学生コース

6期生:2022年5月からの受講生5期生:2021年5月からの受講生4期生:2020年5月からの受講生