小学5年生 ITキッズ新聞 22 S.Y.IT KIDS NEWSPAPER

HOME ITキッズ新聞小学7期生 ITキッズ新聞 小学5年生 ITキッズ新聞 22 S.Y.

全体を通しての感想

22 S.Y.
22 S.Y.
今年はコロナで、はじめはほぼ何もできないと思っていましたが、
IT理科や、ゲームで去年よりも楽しい事がたくさんありました。
また、今年は授業が少なく、家で、授業で気になったことや、
ためしてみたかった事も出来ました。
今年は、去年とちがった楽しさがたくさんあった年でした。

これまでの講座で一番印象に残ったこと


複雑な動き
今年は去年と違い色々な新しい動きを習いました。例えば、2つ目のタンク旋回などはいつものタンク旋回とは異なるものでした。他にも色々な動きがありました。またやる機会があったら、もっといろいろな動きを習いたいです。

ミスだらけのスクロールゲーム
今年は去年のような一画面のゲームではなく、主人公が真ん中を動かずに画面が移動していくゲームを作りました。スクロールゲームだと、ジャンプしたりすると画面も上に上がると思って作っていましたが、作ったプログラムだと画面が上がらずに見えなくなったりしました。他にも主人公のプログラムがおかしいのか、敵のプログラムがおかしいのかわからなかったりして、色々なところを直すのにとても時間がかかりました。あとちょっとで完成なので完成させたいです。

ITキッズについての発表
去年の発表は自分の学校についての発表でしたが、今年はこのITキッズの発表だったので、どう思っているのかを考えるのがなかなか難しかったです。それでも発表の仕方は去年と同じだったので、何とか発表できました。来年はどんな発表をするのか楽しみになりました。

スーパー計算法5
去年より今年は少し計算のスピードが落ちていたので、今年習った算数の計算法がとても役に立ちました。名前は忘れましたが、25のような数字を4つ合わせて、100ピッタリにしたり、計算しやすい数字に近い数字は、その計算しやすい数字と見立てて後で足したり引いたりして早く計算したりする方法で、来年ももっと活用したいです。

卵(油粘土)落とし
今年中で一番楽しかった授業が卵落としの授業です。内容は、紙コップに仕掛けをたくさんつけて4階から卵を入れて落として一番割れなかったチームが勝ちという授業でした。いろんな方法があり、自分のグループはパラシュートやバネをつけて落としました。一回目の油粘土で試したときは、ヒラヒラ落ちていってあまり変形しませんでした。ところが本番の卵落としでは、パラシュートやバネが小さくて、重さで簡単に割れてしまいました。それでもとても楽しかったので、また家でやってみたいです。

来年度からのITキッズプロジェクトでチャレンジしたいこと

家で実験
理科の実験などを家で試して授業でできなかった正確な実験をもっとしたい。
来年は難しいことがもっとありそうだけど、楽しいことももっとありそうでもっと楽しみたい。
小学生コース

10期生:2021年8月からの受講生9期生:2020年7月からの受講生8期生:2019年9月からの受講生

中学生コース

6期生:2022年5月からの受講生5期生:2021年5月からの受講生4期生:2020年5月からの受講生