ITコンピュータブログIT COMPUTER BLOG

2023年度 ITコンピュータ(ゲーム)講座 第1回の様子

2023年4月9日

#9期生
今日は第1回のITコンピュータ(ゲーム)でした。
機械学習に取り組んだ Scratch プログラミングを行いました。
2017年に将棋(しょうぎ)では名人にコンピュータが勝利し、囲碁(いご)でも世界のトップ棋士(きし)にコンピュータが勝利し、このころからAIが脚光(きゃっこう)を浴びてきました。
Scratch で機械学習の機能拡張を利用するには、いつもの https://scratch.mit.edu/ の Web ページではなく https://stretch3.github.io/ の Web ページにアクセスします。
まずは、Handpose2 で学習済みの手モデルを利用して手指認識をやってみます。
BLOCK に認識する部位を指定するだけで簡単に認識できることに驚く(おどろく)とともに楽しくプログラミングできたと思います。
Scratch プログラミングとしては「クローン」を利用して認識した手指の21ヶ所にボールを置くことができました。
次の顔認識では、Facemesh2 拡張機能を利用して顔の468ヶ所を認識します。
しかし、クローンは300個までしか扱え(あつかえ)ないため工夫が必要です。
今回は、ブロック定義[画面を再描画(さいびょうが)せずに実行]を利用して468ヶ所にボールを表示しました。
Scratch プログラミングにまた一つ広がりを感じられたと思います。
次回は、ブロック崩し(くずし)ゲームを作成します。コンピュータゲームとして初期に登場したゲームです。
小学生コース

12期生:2023年8月からの受講生11期生:2022年8月からの受講生10期生:2021年8月からの受講生

中学生コース

9期生:2024年5月からの受講生7期生:2023年5月からの受講生6期生:2022年5月からの受講生