ITコンピュータブログIT COMPUTER BLOG

2022年度 ITコンピュータ(ゲーム)講座 第1回の様子

2022年4月10日

#8期生
今日は第1回のITコンピュータ(ゲーム)でした。
今まで Scratch でいろいろ作品を創ってきましたが、今回は新しく機械学習を利用した拡張機能(手指認識・顔認識・音声認識)によるプログラミングにチャレンジしました。
手・指認識モデルを利用したプログラミングでは、カメラ画像から手・指の21ヶ所を認識した場所にボールを表示する予定でした。
しかし、動作が重いPCが多く、人差し指の指先に1つボールを表示するだけのプログラムを動かせたPCが4台だけでした。
動作が重いPCでは、カメラ機能をONにしていると処理ブロックをドラッグすることもカメラをOFFにすることも一苦労という状態でした。
今回の手指認識・顔認識のプログラムでは、ボールをたくさん表示します。
これには、「スプライト1つでボールを1つ表示」「クローンを使用して1つのスプライトですべてのボールを表示」「再描画(さいびょうが)をしないブロック定義を使用して1つのスプライトですべてのボールを表示」の3種類があり2番目と3番目を体験していただく予定でした。
しかし、PCが重くプログラミングは難しいと判断し、ポイントの説明を行うに留まりました。
音声認識モデルを利用したプログラムでは、「走れ」「ジャンプ」といった音声による指示で Cat を動かす予定でしたが、音声認識がうまくできないPCがあり、こちらも何人かはやれず大変申し訳ない結果となってしまいました。
テキストは32ページありますが、どれも実際に作って動かすと楽しいものになると思います。
ご家庭にPCがあって使うことができるのであれば、ぜひテキストを元に機械学習の拡張機能にチャレンジしてみてください。
次回以降は、PC環境(かんきょう)の改善に努め、みなさんが問題なくプログラミングできるように取り組んでまいります。
小学生コース

11期生:2022年8月からの受講生10期生:2021年8月からの受講生9期生:2020年7月からの受講生8期生:2019年9月からの受講生

中学生コース

6期生:2022年5月からの受講生5期生:2021年5月からの受講生4期生:2020年5月からの受講生