ITコンピュータブログIT COMPUTER BLOG

2021年度 ITコンピュータ(ゲーム)第1回の様子

2021年4月11日

#7期生
今日は第1回目のITコンピュータ(ゲーム)でした。
今まで Scratch でいろいろ作品を創ってきましたが、今回は新しく機械学習の拡張機能にチャレンジしました。
具体的には、手指認識・顔認識・音声認識の生成済みのモデルを使用したプログラミングにチャレンジしました。
手・指認識モデルを利用したプログラミングでは、カメラ画像から手・指の21ヶ所を認識した場所にボールを表示しました。
ボールの表示は、21個のボールスプライトを用意するのではなく、クローンという新しいブロックを使用して、1つのボールから21個のクローンボールを作りました。
ポイントは表示位置を示す1~21のラベルを「このスプライトのみの変数」で区別することでクローン毎別の位置に表示する点です。
顔認識モデルは、顔の468ヶ所を認識できるため、こちらもこれらの場所にボールを表示しました。
クローンはプロジェクトで300個しか使用できないため468個表示するには、ペン機能のスタンプとブロック定義を組み合わせて実現しました。
音声認識モデルを利用したプログラムでは、「走れ」「ジャンプ」と言った音声による指示で Cat を動かすようにしました。ただ、周りの人の声が入ってしまってうまくいかなかった人は、ご自宅でもう一度トライしてみてください。
今回は、機械学習を使用したプログラミングにチャレンジしました。
認識する場所が多いためこれを表示するのにボールを使用しましたが、スプライトを多数用意する方法ではなく新しく「クローンを利用」したり「スタンプとブロック定義」を利用する方法をやってみました。
今後多数のものを表示することが必要な場合に積極的に応用してみましょう。
次回は、機械学習によるモデル生成から取り組む予定です。コンピュータに学習させるのは大変ですがトライしてみましょう。
小学生コース

11期生:2022年8月からの受講生10期生:2021年8月からの受講生9期生:2020年7月からの受講生8期生:2019年9月からの受講生

中学生コース

6期生:2022年5月からの受講生5期生:2021年5月からの受講生4期生:2020年5月からの受講生